肝臓の著しい機能低下はこんな症状を齎す。

肝機能が低下しているとどんな自覚症状があるのでしょうか。
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、神経が通っていないので、痛みなどでは自覚できません。
あらかじめ知っていると、肝機能が低下する前に気付くことができます。

 

1.肝機能とは
肝機能には、代謝、解毒、胆汁生成の3つの主な機能があります。
代謝は、食物から得られた糖やタンパク質、脂肪を分解してエネルギーを作ったり、肝臓に蓄えることです。
解毒は、体内に取り込んだ有毒な物質、例えばアルコールなどを分解して体外に排出することです。
胆汁の生成は、肝臓で作られた解毒物や脂肪を消化する胆汁を作り、分泌します。
いずれも体にとって重要で欠かせないものです。

 

2.肝機能が低下すると
アルコール性脂肪肝や肝炎、肝癌などで低下すると、3つの機能が果たせなくなります。
代謝が滞ると、糖や脂肪が体内に溜まるので、高血糖や脂質異常などを引き起こします。
解毒が滞ると、体内に取り込まれた有害な物質が分解できないので、肝細胞や他の器官の細胞を傷つけ、炎症や癌の原因となります
特にアンモニアが肝臓で解毒されないと、脳に運ばれ意識障害を引き起こす原因となります。
胆汁生成が滞ると、胆汁が血液中に流出して、胆汁中の黄色い色素である直接ビリルビンが血液中に増えます。直接ビリルビンは黄疸ンとなり、目や肌が黄色くなります。

 

3.自覚症状は?
肝機能が低下しても痛みはありませんが、様々な症状を見ることができます。
黄疸
 肝機能が酷く低下していると、顕著にみられる症状です。目や肌が黄色くなり、尿が濃くなります。
疲労
 体がだるい、脱力感、眠気、不眠などがみられます。。
食欲不振
 吐き気や満腹感を覚えて食欲不振になります。体重が減少したり、お酒に弱くなったり、白い脂肪便がでたりします。

 

他にも出血しやすくなったり、肌荒れ、体のかゆみなど様々な症状が現れます。

 

4.肝機能が低下しているなと思ったら
肝機能をよくするためには、飲酒、喫煙をやめましょう。これらは肝機能を大きく低下させます。
また肝臓によい食べ物やサプリメントを取るようにしましょう。栄養素としては、アラニン、オルニチン、タウリン、セサミンなど、必須アミノ酸やビタミンをバランスよく食べましょう。食事で難しい場合はサプリメントを利用していきましょう。
太っている場合には、減量を心がけましょう。太りすぎていると、肝機能への負担が大きく、肝臓が休まりません。

 

これらのことに気を付けて、肝機能の低下を自覚していきましょう。