ビリルビンと関連病気記事一覧

ジルベール症候群とは、大人になってから発症する、体質性黄疸のことです。ジルベール症候群についてみていきましょう。そもそも黄疸とは、皮膚や白目が黄色くなったり、尿が濃くなった状態のことです。血液中に黄色い色素であるビリルビンが増えてくることで起こります。ビリルビンは肝臓で変化するのですが、肝臓の胆汁の流れに障害があると、血液中のビリルビンの量が増えて黄疸になります。ビリルビンは非抱合型ビリルビンと抱...

胆石症とは、肝臓の胆管にできる結石を総称して胆石と呼びます。胆石はビリルビンが原因でできるものがあります。ビリルビンは血液検査の検査項目として用いられています。ビリルビン値は肝臓の働きとその上昇に密接に関係がありますが、胆石とも深く関係しています。ビリルビンには、非抱合型ビリルビンと抱合型ビリルビンがあります。非抱合型ビリルビンは、赤血球が寿命で壊れる際に、ヘモグロビンが分解されてできる黄色の色素...